真性包茎の手術にかかる費用とは

真性包茎という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
女性の場合はよほど詳しくなければ馴染みはないですが、男性はコンプレックスを刺激する大きな悩みとなって頭をもたげている人もじつは多いのです。
この症状というのは、常に亀頭に包皮がかぶさった状態であり、亀頭を露出させること自体が困難です。
性行為の際に射精するにしても自分で皮を剥ぐ必要があるので、女性から見たらとても不愉快ですし、男性としても屈辱の作業になることは言うまでもないのです。
こんな悩みを抱えている男性には、やはり手術をおすすめしたいです。
性行為のときや衛生面において不都合なことが多すぎるからです。
問題の費用ですが、仮性包茎の場合に比べて真性包茎は病気と認定されているので保険が適用されて手術をうけることができます。
しかしながら、それでも費用は高額なのは否めません。
仮性包茎が10万円以内なのに対して、真性包茎の場合は20万円近く費用がかかってしまいます。
この症状は成人の場合は自然治癒が期待できないので、手術で治療する以外は方法がないのです。
手術の方法としては、亀頭直下埋没法が一般的です。
具体的には、亀頭環状溝直下の皮膚を切り取って縫い合わせる方法です。