真性包茎なら手術で悩みは解決

日本人男性の半分以上は仮性包茎であると言われています。
気にしていない方もいれば、コンプレックスに感じている方もいるでしょう。
しかし男性同士でそういった悩みを相談し合うという事もなければ、なおさら女性にも話すことができないため一人で悩んでしまう事が多いでしょう。
特に仮性包茎であれば日常的な不具合などを感じることは無いかも知れませんが、真性包茎ですと手術が必要なこともあります。
できれば専門クリニックで一度診断を受ける事をお勧めします。
男性スタッフしかいないクリニックも多いので相談もしやすいです。
最近ではテレビコマーシャルでも包茎手術が出来るクリニックが流れているぐらいですし、女性の美容整形と同様の感じで男性も真性包茎の手術を受ける事が出来ます。
仮性包茎の場合には保険が使えないことがほとんどですが、真性包茎の場合症状によっては保険が適用されるケースも有ります。
また費用に関しても各クリニックで設定がことなることがありますので、まずはサイトなどで確認の上実際にカウンセリングを受けてみる事をお勧めします。
カウンセリングだけなら無料という所も有りますし、体験談や口コミ評判なども参考にして選んでいきましょう。

真性包茎の痛みと手術について

男性の中には包茎の悩みを抱えている人がいます。
包茎は亀頭が包皮から露出していない状態で、手で包皮を剥くことができるのが仮性包茎です。
真性包茎は手で包皮を剥くことができない包茎で、亀頭包皮炎や排尿障害のリスクあります。
仮性包茎の場合は治療の必要はないですが、真性包茎は治療の必要があります。
包皮内を洗うことができないので感染症になりやすく、放置していると悪化して性機能障害のリスクも高くなってしまいます。
痛みがある場合はすぐに病院の泌尿器科に行って適切な治療を受ける必要があります。
真性包茎は手術以外にも薬物治療で改善するケースがありますが、薬物治療で治らない場合は切開手術を行います。
大人の場合は日帰り手術が可能です。
背面切開は保険が適用されますが、包皮切除は自由診療になります。
包茎の手術には包皮先端背側を切開する方法と包皮を環状に切除する方法があります。
背面切開術は主に真性包茎に行われます。
背面切開術は傷跡が少なくて済み、包皮を取りすぎる心配がないというメリットがあります。
真性包茎の治療では事前にカウンセリングを行われ、医師から治療の説明があります。
治療に不安や疑問点がある場合は、納得するまで説明を受けることができます。

真性包茎の手術にかかる費用とは

真性包茎という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
女性の場合はよほど詳しくなければ馴染みはないですが、男性はコンプレックスを刺激する大きな悩みとなって頭をもたげている人もじつは多いのです。
この症状というのは、常に亀頭に包皮がかぶさった状態であり、亀頭を露出させること自体が困難です。
性行為の際に射精するにしても自分で皮を剥ぐ必要があるので、女性から見たらとても不愉快ですし、男性としても屈辱の作業になることは言うまでもないのです。
こんな悩みを抱えている男性には、やはり手術をおすすめしたいです。
性行為のときや衛生面において不都合なことが多すぎるからです。
問題の費用ですが、仮性包茎の場合に比べて真性包茎は病気と認定されているので保険が適用されて手術をうけることができます。
しかしながら、それでも費用は高額なのは否めません。
仮性包茎が10万円以内なのに対して、真性包茎の場合は20万円近く費用がかかってしまいます。
この症状は成人の場合は自然治癒が期待できないので、手術で治療する以外は方法がないのです。
手術の方法としては、亀頭直下埋没法が一般的です。
具体的には、亀頭環状溝直下の皮膚を切り取って縫い合わせる方法です。