真性包茎の痛みと手術について

男性の中には包茎の悩みを抱えている人がいます。
包茎は亀頭が包皮から露出していない状態で、手で包皮を剥くことができるのが仮性包茎です。
真性包茎は手で包皮を剥くことができない包茎で、亀頭包皮炎や排尿障害のリスクあります。
仮性包茎の場合は治療の必要はないですが、真性包茎は治療の必要があります。
包皮内を洗うことができないので感染症になりやすく、放置していると悪化して性機能障害のリスクも高くなってしまいます。
痛みがある場合はすぐに病院の泌尿器科に行って適切な治療を受ける必要があります。
真性包茎は手術以外にも薬物治療で改善するケースがありますが、薬物治療で治らない場合は切開手術を行います。
大人の場合は日帰り手術が可能です。
背面切開は保険が適用されますが、包皮切除は自由診療になります。
包茎の手術には包皮先端背側を切開する方法と包皮を環状に切除する方法があります。
背面切開術は主に真性包茎に行われます。
背面切開術は傷跡が少なくて済み、包皮を取りすぎる心配がないというメリットがあります。
真性包茎の治療では事前にカウンセリングを行われ、医師から治療の説明があります。
治療に不安や疑問点がある場合は、納得するまで説明を受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です